運動を辞めると悪影響が!?部活引退後の運動不足を解消しよう!

部活引退後の運動不足

部活を引退して受験勉強へ。部活を引退してアルバイトへ。

気が付いたら、「日常生活の中に運動の機会がなくなってしまっていた」という中学生、高校生は多いのではないでしょうか。

部活をしていた時に比べて、引退後の運動量が落ちてしまうことは仕方のないことです。

しかしながら、運動を全く行わなくなってしまうと体に様々な悪影響が及んでしまいます。

したがって、部活引退後の生活にも運動の習慣を取り入れて、運動不足を解消することが重要になります。

今回は、運動不足によって引き起こされる体への悪い影響と、部活引退後におすすめの運動についてお話ししていきたいと思います。

部活引退後の運動不足によって引き起こされる悪影響とは?

運動不足による影響その1  太りやすくなる

運動不足によって引き起こされる影響として、まず太りやすくなる事が挙げられます。

運動をすることは食事によって摂取したカロリーを消費する役割も持っています。

しかしながら、運動不足によって消費カロリーが減ってしまうと、食事によって摂取したカロリーを消費しきれないということが起こってしまいます。

消費されなかったカロリーはその分だけ体内に脂肪が蓄積されてしまう為、運動不足による消費カロリーの低下は太る要因となってしまうのです。

また部活引退後に運動の機会がだんだん減ってくると、筋肉の量も減っていきますよね。

筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝量が減り、代謝によるエネルギー消費量も減ってしまう為、体脂肪が蓄積されやすい体になってしまいます。

その他にも運動不足は血流の悪さも引き起こします。

血流が悪くなると細胞などの動きが鈍り、代謝量も落ちてしまいます。

血流の悪さはむくみにも繋がりますので、見た目への悪い影響も起こってしまいます。

運動不足による影響その2  免疫が落ちてしまう

運動不足になると、血の巡りが悪くなり、細胞の働きが鈍ってしまうことは上記でも触れましたが、細胞の中でも免疫細胞の働きが鈍ってしまうと、免疫力が低下してしまい体調不良を引き起こしやすくなってしまいます。

体調不良を起こしてしまうと、日常生活にも支障が出てしまいますので注意が必要です。

特に部活引退後、受験勉強に取り組んでいる中高生は体調管理がとても大切になりますので、適度な運動によって血流をよくしておくと良いでしょう。

運動不足による影響その3  ストレスが溜まる

部活引退後の運動不足によって引き起こされる悪影響にはストレスもあります。

運動不足になると、体内のバランスを保っている自律神経(交感神経・副交感神経)の切り替わりが鈍くなり、様々な体調不良を引き起こすといわれています。

免疫が低下してしまう場合も同じですが、体調不良を引き起こしやすいとストレスが溜まる要因にもなり、日常における作業効率の低下など、様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

また、運動不足は「セロトニン」と呼ばれる物質の分泌量を低下させる恐れもあります。

セロトニンは分泌されると、気分が高揚したり、精神が安定するなどのストレス解消効果があります。

しかしながら、運動不足によりこの分泌量が減ると、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。

運動不足を解消するおすすめの運動!ここから始めよう

ここまで運動不足による様々な悪影響をお話ししてきました。

日常に運動の習慣を取り入れていくことで、運動不足による弊害をなくしていく事ができます。

ここでは、部活引退後の生活でも取り入れやすい運動のメニューをいくつかご紹介します。

ウォーキング

有酸素運動であるウォーキングは脂肪燃焼効果があります。

体に蓄積された余分な体脂肪を減らしていくのに効果的といえる運動です。

ウォーキングは日常生活の中に取り入れやすい為、運動の習慣を作り始める段階のメニューとしてはおすすめです。

徐々に運動の負荷を高めていきたい方は、歩く距離を伸ばしたり、ジョギングなどのペースを上げた運動も取り入れていくと良いでしょう。

スクワット

スクワットは糖をエネルギーとして筋肉を動かす無酸素運動の一つです。

比較的大きいパーツの筋肉を鍛えられる為、基礎代謝の向上に効果的です。

スクワットは自宅でも取り組め、時間もかからないメニューですのでおすすめの運動といえます。

スクワットと合わせて、腹筋や腕立て伏せなどの種目を取り入れると、下半身だけでなく上半身も効果的に鍛えることができるでしょう

ストレッチ

ストレッチは体の柔軟性を高める運動として広く認知されています。

ストレッチを行うことは、血の巡りを良くし、基礎代謝を高めることに繋がります。

この種目は、比較的体力を使うことなく取り組めるので、運動不足で体力が落ちている人でも始めやすい種目といえるでしょう。

お風呂から上がった後などは、特に筋肉がほぐれて体が伸びやすい状態ですので、ストレッチを行うタイミングとしてはおすすめです。

1日のルーティンとしてお風呂+ストレッチを組み込めば、継続率も高まるので是非試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、部活引退後の運動不足によって起こる悪影響と、簡単に取り組む事ができる運動についてお話ししました。

部活引退後の生活において、運動不足に陥ってしまっている中学生、高校生はたくさんいると思います。

日常生活の中でも、少し姿勢を良くしてみたり、階段を多く使うようにするといった工夫も運動不足の解消に繋がるでしょう。

「急に運動の習慣なんて作れないよ、、」という方も、今回紹介したものをきっかけに、少しずつ運動を生活に取りいれながら運動不足を解消していきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP