部活を辞めたら日焼けしたくない!部活引退後の日焼け対策は何がいい?

部活引退後の日焼け対策

部活中はまあいいかと諦めていた日焼け。

特に屋外で部活をしている中学生、高校生の皆さんは、夏の季節になると強い日差しの中、長時間活動していることが多いので、日焼けを避けることは難しいですよね。

「部活を引退した最後の夏くらい、日焼けせずに白い肌を保ちたい!」

と思っている方も多いはず。

そこで今回は、部活引退後に日焼けをせず過ごす方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

夏の紫外線から肌を守り、卒業までの残りの生活を白い肌で過ごしていきましょう!

部活引退後は白い肌をキープしたい!紫外線から肌を守る方法

日焼けを起こす太陽の紫外線を受け続けることは、肌が黒くなる他にも、シミ、そばかす、肌のたるみ・シワが増える原因にもなっしまいます。

したがって、日焼け対策をすることは肌の質と肌の白さを保つ上で重要であるといえます。

ここではいくつかの日焼け予防対策をご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

部活引退後の日焼け対策その1  日傘

日傘は、主に上半身を中心に紫外線を防いでくれる日焼け対策グッズです。

折りたたみ形式のものは持ち運びしやすいので、日差しが強い時は日傘をさし、日陰や日差しがない場所にいる時は、折りたたんでカバンなどにしまうことが出来るという利点があります。

部活引退後の日焼け対策その2  アームカバー

アームカバーは、主に手と腕の日焼けを防いでくれる日焼け対策グッズです。

屋外で活動する時はもちろん活躍しますが、運転などの腕を中心に日焼けしてしまうシチュエーションでも効果的です。

UVカット効果があり、吸水速乾性に優れたアームカバーを選ぶと良いでしょう。

部活引退後の日焼け対策その3  サングラス

サングラスは、主に目と目の周りの日焼けを防いでくれる日焼け対策グッズです。

「目を紫外線から守ることが、日焼け対策にそこまで重要なの?」と思う方もいるはずです。

しかしながら、目から紫外線を吸収すると、脳が紫外線の吸収を感知して、シミ、そばかすなどの原因にもなるメラニンという色素を増加させてしまうのです。

よって、UVカット効果のあるサングラスを着けることは、日焼け対策において重要といえます。

部活引退後の日焼け対策その4  帽子

帽子は、主に顔と頭の日焼けを防いでくれる日焼け対策グッズです。

こちらは、なるべくつばの長いものを選ぶと、より紫外線を防げる範囲が広くなります。

帽子も持ち運びには優れているので、UVカット効果があり、通気性が良いものを常備しておくと良いでしょう。

部活引退後の日焼け対策その5  日焼け止め

日焼け止めは、肌にクリームなどを塗ることで、塗った部分を紫外線から防いでくれる日焼け対策グッズです。

日焼け止めは、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプなど様々なタイプがありますが、どれも体の使いたい部分に使用できるものが多いので、日焼け対策がしやすいグッズであるといえます。

このような特徴から、他の日焼け対策グッズで防ぎきれない部分に使用したり、他の日焼け対策グッズと併用することで紫外線をより効果的に防ぐことができます。

ここまで部活引退後の日焼け対策を5つ紹介してきました。

日焼け止めを除く他の対策グッズは、部分的には効果を発揮しますが、全身を日差しから防ぐことは難しいといえます。

したがって、日常生活では日焼け止めと他の対策グッズの併用がおすすめといえるでしょう。

また、夏に肌を出した服装をしたり、海やプールなどで遊びたい方、部活引退後も運動を続ける方にとっては、日焼け止めは欠かせない対策グッズとなります。

日焼け止めは単体でも、全身の日焼け止め対策ができるので、カバンに1つは常備しておくことをお勧めします。

強い日差しでも安心!おすすめの日焼け止め

「どんな日焼け止めを使えばいいの?」と日焼け止め選びに悩んでいる方に、NALCパーフェクトウォータープルーフ

をご紹介します。

この日焼け止めには以下の特徴があります。

・ジェルタイプで、ベタつくことなく保温性がある。

・「海でも焼けにくい」というほど、高い日焼け防止効果(SPF50+、PA++++)を持つ。

・2歳以上の子供から使用できるものなので、敏感肌という方でも安心して利用できる。

・活面活性剤フリーなので、水や汗によって流れ落ちてしまうことを防ぐ。

・白浮きしないので、男性でも気にぜず使用できる。

他にも様々な特徴を持っているので、気になった方は公式サイトもご覧ください。

日焼け止めとして欲しい特徴がそろっている商品ですのでとてもおすすめといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、部活引退後におすすめの日焼け対策をご紹介してきました。

様々な日焼け対策グッズを紹介してきましたが、アウトドアの機会が多い方、全身の日焼け対策をしたい方は、特に日焼け止めを使用することで紫外線対策をすることができるでしょう。

もちろん、日傘やアームカバーなどのグッズと日焼け止めを併用することで高い日焼け防止効果も期待できます。

是非今回の内容を参考にして、部活引退後の生活を白い肌で過ごしていきましょう!

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP