部活引退後に塾へ通う受験生必見!塾はどのように選んだら良い?

部活引退後の受験勉強

部活中はあまり出来なかった勉強も、部活を引退してからは本格的に力を入れていきたいという方も多いはず。

特に受験勉強に取り組んでいる中学生、高校生の中には塾に通って対策していきたいという方もいますよね。

しかしながら、部活を引退してから「塾に通いたいけど、どのような塾があるのか」「どのように塾を選んでいったらいいのか」と迷っていては、スムーズに受験勉強を進めていくことはできません。

また適切に塾選びができないと、自分の方向性とは違った塾に入ってしまったり、自分自身には合わない塾に入ってしまい、受験勉強に遅れをとってしまう恐れもあります。

そこで今回は、部活引退後に塾へ通う受験生に向けて、どのような塾があるのか、どのように塾を選べばいいのかについてお話していきたいと思います。

どのような塾があるの?

ここでは、主な塾のタイプを3つご紹介していきたいと思います。

自分に合う塾はどれかを考える際に、是非参考にしてみて下さい。

集団型の塾

集団型の塾は、学校の授業のように1人の先生に対して複数の生徒で授業を進めるタイプの塾です。

クラスは自分と同じ学力レベルであったり、同じ目標同士の仲間で構成されることが多く、受験仲間と一緒に頑張ることができる環境が良い点といえるでしょう。

しかしながら、授業内容やカリキュラムなどは個人個人に設定されていない為、細かいところや不明点は自分で補う必要があったり、進行具合も皆んなに合わせていく必要があります。

個別型の塾

個別型の塾は、1人の先生が自分専用の授業を行ってくれるタイプの塾になります。

1:2や1:3のように、1人の先生が数人の生徒を授業する塾もありますが、基本的に授業内容は1人1人それぞれ違う内容の授業となっています。

個人型の塾は、1人1人のカリキュラムを設定してもらえたり、わからない所があれば細かいところを質問することができる所が良い点です。

しかしながら自分のペースに合わせてもらい過ぎると、全体の進行度も遅れてしまい、「やるべきことが終わらなかった」となる可能性もあるので注意が必要です。

オンライン型の塾

オンライン型の塾は、有名講師などの収録授業をオンライン上で受けることができるタイプの塾になります。

自宅や塾など、インターネット環境があれば受けることができ、また何度も見直すことができる点が特徴的です。

授業の種類や数も豊富にあるので、自分の目標にあった講義を見つけることができるでしょう。

しかしながら、授業においてわからない所があった時はその場で聞くことが出来ない為、自分で調べたり塾のスタッフに聞いたりする必要があります。

部活引退後の受験生必見!どのように塾を選ぶか?

料金

料金は塾を選ぶ上で重要な要素になります。

通常の月謝以外にも、夏期講習や志望校対策など別途料金のかかるコースもあります。

自分が目標を達成する為に必要な授業は、合計いくらかかるのかを塾ごとに調べることが大切です。

しかしながら価格の安さを優先し、「自分に合わない塾を選んでしまった」とならないよう、価格と内容の両方を照らし合わせて慎重に選んでいくことをおすすめします。

場所

塾を選ぶ際には、塾の立地がどこにあるのかも重要です。

塾が自宅から遠い距離にあれば、交通費が発生する可能性もあり、通う時間が多くかかれば、本来の目的である受験勉強に費やす時間も減ってしまいます。

近い場所を優先して合わない塾を選んでしまうのも注意が必要ですが、受験生活に支障をきたさないような場所を選ぶ必要があるでしょう。

授業内容

授業内容は塾選びにとって1番重要な要素といえるでしょう。

受けられる授業は塾によって様々であり、どのような進学実績を出しているかによってもその塾の方向性やコンセプトがわかります。

自分が目指す方向性と、実際に通う塾の授業がマッチしているかをあらかじめ確認しておきましょう。(例えば、英語の得点が必要な大学に進学したければ、英語に強い塾を選ぶなど)

また、授業スタイル(集団・個別)も自分に合うスタイルを選ぶことをおすすめします。

口コミ

口コミは、実際に通ったことがある方の評価を確認できるので、塾選びの参考にすることができます。

塾選びの段階ではどうしても通った後の事を知ることができないので、口コミなどを参考に塾の雰囲気や授業の内容などをあらかじめ把握しておくことがおすすめです。

しかしながら、塾の全体像までをつかむ事は難しいので、口コミが良さそうな所には実際に体験レッスンに行ったりして、自分の目で確かめてみると良いでしょう。

塾スタッフのサポート

塾のスタッフのサポートが充実しているかどうかは、受験勉強をスムーズに進めていく上で重要です。

定期的な面談や進路相談、質問対応など、生徒や保護者に対する授業以外のサポートが充実していると、安心して受験勉強を進めることができます。

塾を選ぶ時には授業内容だけでなく、それ以外のサービスにも力を入れているか確認してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、部活引退後の受験生に向けて塾の種類と塾選びの方法についてご紹介してきました。

部活引退後の塾選びでは、自分の目標や自分の受験スタイルに合った塾を選んでいけると良いでしょう。

また、今回ご紹介したように複数のポイントから塾を評価していくのもおすすめです。

より良い受験勉強生活が送れるよう、是非今回の内容を参考に塾選びをしてみて下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP