部活引退後の受験生必見!受験勉強において集中力を高める方法とは?

部活引退後の受験勉強

部活も引退し受験勉強も本格化してきた中、中学生、高校生の皆さんはどれくらい集中力を保って勉強できているでしょうか?

受験勉強は普段の課題やテスト勉強に比べると、はるかに勉強時間、そして勉強の期間が長くなりますよね。

受験本番までは受験勉強が中心の生活となる為、どうしても1日あたりの勉強時間も長くなる傾向にあります。

そんな時「やることはあるのに中々手が進まない」「集中力が途切れてやるべきことが終わらない」

と感じたことがある人も多いのではないでしょうか?

集中力の問題で日々の勉強を計画通りに進められなければ、受験本番までにやるべきことが終わらず、当日は不完全燃焼となってしまうケースも考えられるでしょう。

そこで今回は、部活引退後の受験勉強において集中力を高める方法をご紹介していきたいと思います。

集中力を高め1日の勉強の質を高めていくことは、やるべきことを計画通りに終わらせ、受験本番の日に万全の状態で挑む為にもとても大切な要素となります。

是非今回の内容を参考に、集中力を高める方法を部活引退後の受験生活に取り入れてみてください。

部活引退後の受験勉強で集中力が途切れる原因とは?

勉強をする環境

勉強をする際に集中が途切れてしまう原因の1つは、勉強する環境が悪いことが挙げられます。

勉強をする環境は、勉強をする場所、勉強をする姿勢、勉強をする机など様々あります。

もし、静かな場所で1人で勉強することが集中に繋がるという人は、大勢いる場所や雑音が入るような空間での勉強は集中力を下げてしまうでしょう。

勉強する姿勢に関しては、自分に合わない椅子に長時間座っていたり、姿勢が悪くなるようなスペースで勉強していると、体が痛くなったり、血行が悪くなって脳の働きが鈍ることで、集中力を欠いてしまいます。

また、勉強する机や勉強する部屋などにスマホやテレビなどがあると、「いつの間にか手に取っていた」「気づいたら余計なものに時間を取られてしまった」ということが起こってしまいます。

勉強する机に勉強以外の余計なものを置いておくと、集中力が中々続かないといったことになるので注意が必要です。

疲労の蓄積

勉強をする際に集中が途切れてしまう原因の2つ目は、疲労が溜まっていることです。

疲労が溜まっている状態で勉強を続けていると、集中力が続かない他にも、やるべきことに時間がかかったり、1つ1つの作業の質が落ちてしまう恐れがあります。

特に受験勉強をしていると、やるべきことが1日に詰まっていることが多い為、夜遅くまで長時間勉強が続くといったことも珍しくはないですが、翌日に疲労が溜まってしまうほど勉強を続けてしまうと、かえって効率が悪くなる場合もあります。

計画がない

勉強をする際に集中が途切れてしまう原因の3つ目は、計画が立てられていないことです。

勉強をいざ始めても、何をどこまですればいいのか詳細に決まっていなければ、メリハリが付かずに集中力を保って勉強することが出来ません。

その日にするべきことや次の1時間にするべきことなどが明確に決まっていないと、ダラダラが続いてしまい、高い集中力で取り組むことができないので、勉強の進行度や定着度にも悪影響が出てくるでしょう。

部活引退後の受験勉強で集中力を高める方法!

机周りの整理

机周りの整理をすることは、無駄なものに意識を向けることなく、目の前のやるべきことだけに集中できるという点で集中力を高める効果があります。

集中力が途切れてしまう原因でもお話ししましたが、机の上に余計なものが置いてあると勉強に関係のないものに時間を取られてしまう可能性があります。

あらかじめ机の上をきれいにして置く事で、勉強の時間は勉強だけにしか使えない環境づくりができるでしょう。

睡眠

睡眠は、1日の中で溜まった疲れやストレスを回復させる効果があり、翌日の集中力を保つ上で重要な要素となります。

十分な睡眠が取れていないと、疲労が翌日に蓄積してしまい、次の日の勉強で思うように集中力をキープすることが出来ないといったことが起こってしまいます。

1日の中ではやるべき事などがたくさんあり、勉強時間も長時間に及んでしまうこともありますが、夜は十分な睡眠時間が確保できるように勉強のスケジュールを設定できると良いでしょう。

また、1日の中でも疲労や眠気を感じた時は、昼寝の時間や仮眠をとることをおすすめします。

疲労や眠気を感じながらする勉強は、かえって勉強の効率を下げてしまうので、積極的に睡眠は取るようにしましょう。

糖分の摂取

糖分を摂取することは、脳に必要な栄養素を与え、集中力を高めるのに効果的な方法です。

脳は体の中でも、エネルギー消費量が高い部位でもあります。

脳に十分な糖が行き届いていないと、脳の働きが鈍ってしまい、集中力の低下や勉強効率の低下を招いてしまいます。

日々の食事からバランスの取れたものを取り入れたり、勉強する前に意識的に糖を含む食べ物を摂取することによって、脳を活性化させ集中力を高めることができるでしょう。

計画を立てる

計画を立てることは、集中力を切らさず勉強に取り組む上で効果的な方法といえます。

その日に何をするべきなのか、どのくらいの時間で終わらせるのかといった具体的な行動計画を立てることは、勉強中にだらだらしてしまうことを防いだり、自分がどのくらい集中して取り組めばいいのかといった目安を把握したりすることに役立ちます。

勉強時間や勉強内容だけでなく休憩時間などもあらかじめ設定しておくと、メリハリもつきやすく、より集中力を保つことができるでしょう。

適度な運動

適度な運動を取り入れることは、体の代謝を良くしたり、血行を良くしたりする効果があり、集中力を高める上で重要な体の調子を上げてくれてる効果があります。

また、運動をすることで分泌される「セロトニン」はストレス解消効果があるので、日々の受験勉強で溜まったストレスも同時に解消してくれるでしょう。

適度な運動による適度な疲労感は、睡眠の質を高める効果もあるので、是非日常生活の中に積極的に取り入れていくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、部活引退後の受験勉強において集中力を高める方法をご紹介してきました。

今まで集中力が続かないといった経験がある方は、是非今回ご紹介した方法を取り入れてみてださい。

もちろん今回ご紹介した方法以外にも集中力を高める方法はたくさんあります。

自分自身が集中力を高められる方法を見つけ、受験勉強を効率よく行えるように工夫していけると良いでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP