部活引退後の生活を送る上でしてはいけない3つのこととは?

部活引退後の過ごし方

部活をしていた時は、1日が学校と部活でほぼ埋まっていたという中学生、高校生の方も多いと思います。

1日のスケジュールは、自然と学校と部活で構成されているので、自分でスケジュールを立てて生活をするといった機会も少なかったでしょう。

しかしながら、部活引退後では部活をしていた時間がなくなる為、ある程度自由な時間が生まれます。

自分自身でスケジュールを考え、生活を管理していかなければならない部分も出てくるでしょう。

部活引退前と後での生活の変化に注意しながらスケジュールを考えることは、部活引退後の生活を有意義に過ごしていく上で重要といえます。

そこで今回は、部活引退後の生活を送る中で、してはいけないことを3つご紹介していきたいと思います。

部活引退後の生活を計画する上で避けるべきことを知ることで、部活を引退した後の生活を有意義に過ごしていけるはずです。

部活を引退した中学生、高校生の方は、是非今回の内容を参考にしてみて下さい。

部活引退後の生活を送る上でしてはいけない3つのこととは?

ここでは、部活引退後の生活において気をつけなければいけないことを3つご紹介していきます。

どれも部活引退後の生活において起こりやすいものなので、悪い循環に陥らないよう皆さんも注意していきましょう。

運動量が減っているのに食事量は変わらない

部活引退後の生活においてまず意識しなければならないことは、運動量と食事量のバランスです。

運動量と食事量のバランスに注意しないと、すぐに肥満体型になってしまう可能性があります。

特に運動部に所属していたという方は、部活引退前に比べて部活引退後では大きく運動量が低下してしまう場合が多いでしょう。

運動量が低下しているのに関わらず、部活現役時に摂取していた食事量を続けていると、摂取したカロリーを消費しきれず脂肪が蓄積してしまいます。

したがって、食事の献立を考える時は、1日の摂取カロリーと1日の消費カロリーのバランスを考えなければなりません。

また、摂取した食べ物をしっかり消費できるように、適度な運動を取り入れることもおすすめします。

部活引退後の筋力維持や体力維持の為にも、自宅で出来る筋トレや、ウォーキング、ジョギングなどの軽い運動を1日の中に入れてみると良いでしょう。

生活リズムを崩してしまう

2つ目に気をつけなければならないことは、生活リズムを崩してしまうことです。

部活引退後は生活リズムが崩れやすいタイミングでもあります。

学校がある日などは大きく生活リズムが崩れることはないと思いますが、休日や長期休暇などは不規則な生活にならないように気をつける必要があるでしょう。

もし不規則な生活を送ってしまうと、体内リズムが狂ってしまい、体に様々なトラブルを起こしてしまいます。

トラブルの中には、体調不良、食欲不良、睡眠障害など様々あり、日常生活を送る上で支障をきたしてしまうでしょう。

したがって、特に予定がない日においても、朝は起きて夜に寝るという生活リズムは変えないようにすることがおすすめです。

特に次の日が学校であったり大事なテストを控えている場合には、生活リズムを整えて、しっかり朝から活動できるように準備しておく必要があるでしょう。

やることがなくダラダラ過ごしてしまう

3つ目に気をつけなければならないことは、部活引退後の時間をダラダラ過ごしてしまうことです。

部活引退後の生活ではある程度自由な時間が増えるので、やることが特にないという方は日常をダラダラ過ごしてしまいがちですよね。

しかしながら、部活引退後の時間で出来ることはたくさんあります。

例えば、部活引退後も体力維持の為トレーニングを続けたり、新たな仲間や社会経験が得られるアルバイトを始めたり、今後の進路に向けての準備をしたりなど、自由な時間を有意義に過ごすことができるでしょう。

今まで部活で忙しかったという方は、何もせずに過ごす日があっても良いかもしれませんが、部活引退後から卒業までの限られた時間でしか出来ないこともたくさんあります。

「あの時にこれをしておけば良かった」とならないよう、あらかじめやる事をリストアップしておき、部活引退後の時間でそれが出来るように計画しておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、部活引退後の生活を送る上でしてはいけないことを3つご紹介しました。

部活動をしていた学生にとっては、入学当初から2年と少しの期間を部活中心の生活で過ごしてきた方も多いのではないでしょうか?

部活を引退して部活中心の生活でなくなると、生活リズムや生活習慣も変わりやすくなります。

しかしながら、部活引退後の時間を有意義に過ごしていく為には、部活が無くなった生活においても食事や運動のバランスを考えたり、規則正しい生活を送ることが大切です。

卒業までの残された期間の中で後悔のないように過ごしていく為にも、是非今回の記事を参考にしてみて下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP