部活引退後の進路は何がいい?専門学校という選択肢について考える

部活引退後の進路

高校3年生のみなさんは、部活を引退すると、いよいよ卒業後の進路を明確にしていかなければならない時期になってきますよね。

高校卒業後は企業への就職、大学、短期大学への進学、専門学校への進学など選択肢は様々あります。

しかしながら、「やりたいことがまだよくわかっていない」、「それぞれの進路についてまだよく考えられていない」といった方も多いはずです。

今回は、様々な進路のうち「専門学校への進学」をピックアップしてお話ししていきたいと思います。

専門学校の特徴を理解して、卒業後の進路を考える上で参考にしていただけたらと思います。

専門学校ってどんなところ?

専門学校は、職業に必要なスキルを身につける学校である専修学校の中でも、専門課程がある学校を専門学校と呼びます。

高校または高等専修学校を卒業することで入学資格を得ることができる専門学校は、1~4年制と卒業までの年数は学校によって異なりますが、2年制の学校が比較的多く存在しています。

専門学校の一番の特徴は、卒業後に就く仕事に直接活かせるスキルを身につけられるということです。

その為、授業の内容は実践的な内容のものが多く、卒業後は自分が学ぶ分野に関わる職種に就きやすいという特徴があります。

専門学校へ進学するメリット

専門学校に進学するメリットとしては、まず目指す職業に必要なスキルや資格を得ることができるという点です。

目指す業界に詳しい講師や経験がある講師に教わることができたり、また学ぶ内容やカリキュラムも卒業後の仕事にそのまま活かせるような実践的なものが多いので、その分野に関わる資格取得も比較的しやすいといったメリットがあります。

専門学校に進学するメリットの2つ目は、目指す業界とのつながりが強いことから、就職がしやすいといった点です。

企業の人事担当者は、比較的実践的なスキルを持つ専門学生に対して求人を出すケースもあります。

そうすると、企業とその業界に特化した専門学校の間で繋がりが強くなることも多いのです。

特定の業界につながりがある講師がいる場合は、その講師が持つコネクションがきっかけで就職というケースも珍しくはないようです。

また、就職先に卒業生がいることも就職に有利な点だといえます。

先輩の体験談、経験談を聞くことで実際に働いた時のイメージができたり、あらかじめ準備しておかなければならないことなども聞くことができるでしょう。

専門学校に進学するメリットの3つ目は、就職のサポートが充実しているという点です。

専門学校は特定の分野に強いことから、その分野における就職実績が自らの専門学校ブランドに関わってくるという特徴があります。

その為、授業を担当してくれる講師をはじめ、就職を専門とするスタッフやキャリアカウンセラーなどのサービスに力を入れていることが多く、また1人1人に対して手厚い対応をしてくれるケースが多いようです。

専門学校へ進学するデメリット

専門学校へ進学するデメリットとしては、まず大卒以上の求人には応募できないという点があります。

企業によっては、応募条件のところに「大学卒業以上」などと設定している企業もあります。

仮に、自分の就きたい企業が大卒以上の応募資格を必要としている場合は、専門学校ではなく大学への進学を検討しましょう。(専門学校へ入学後、大学へ進路を変える大学編入制度という制度もあります)

専門学校へ進学するデメリットの2つ目は、特定の業界以外への業界や職種に就職することが難しいという点です。

専門学校では基本的に、目指す職種に必要なスキルを学ぶようにカリキュラムなどが設定がされている為、他の職種に関する勉強などは行いません。

その為、専門性が活かせる職業が主な就職先の候補となり、もし他の職業に就こうとなると難易度が高くなってしまいます。

専門学校へ進学するデメリットの3つ目は、入学してから卒業して就職するまでの期間が短いという点です。

専門学校は2年制のところが多い為、就職までの準備期間が短く、その分在学中にやることも多くなってくるでしょう。

卒業までに実践的なスキルを身につけている必要があるので、日々の授業や課題で日々忙しくなるといったことも覚悟しておかなければなりません。

専門学校へ進学する前に!

ここまで、専門学校のメリット・デメリットについてお話ししてきましたが、専門学校へ進学する際には、自分のやりたいこと、就きたい職業が明確かどうかが鍵になってくるでしょう。

一旦、専門学校に進学すると、特定の分野の知識やスキルを身につけていく日々になるので、途中でやりたいことが変わったり、違う職種に就きたいとなった場合は難しい問題に直面してしまいます。

仮にまだやりたいことや、就きたい職種が明確でない場合は大学への進学など、他の進路も考えてみることをおすすめします。

もし就きたい職業が明確であるという方は、好きを仕事にできる専門学校特集などのサイトを活用して資料を取り寄せたり、どのような専門学校が全国にあるのか調べてみると良いでしょう。

どのようなスキルが身につけられるかだけでなく、卒業生はどのような就職先に就いているかを調べたり、在籍生や講師と話すイベントなどがあれば積極的に参加して雰囲気を掴んだり、気になることを質問してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は専門学校への進学についてお話ししてきました。

部活引退後は卒業後の進路に悩む時期でもあります。

専門学校への進学という選択肢は、基本的にやりたいことが明確な方におすすめといえます。

しかしながら、まだやりたいことが決まっていないという方も、

「どんなことを学べる学校があるのか」「将来就く職業はどのようなものがあるのか」

といった観点から、様々な専門学校を調べてみるのも良いでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP